スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クッション機能のついたPC

最近のビリーのマイブーム。





120720-1

「高さがいいカンジですニャ。」


それは、パソコンをクッション代わりにしちゃうこと。

スキを見つけては乗っかってしまうのです。





120720-2

「zzz…」



そこでお昼寝するとおかんがパソコン使えません。

てか、そもそもそれはクッションではありません。
精密機械です。


アップルの人、さすがに猫がクッションにすることを想定して開発してないよなぁ…



[おまけ]
このとき実は階下にも住に(ゃ)んがいました。


120720-3

「101号室に入居中のミーちゃんですニャ。」

スポンサーサイト

今年も「開き」できました。

「開き」というと、「アジの開き」「ホッケの開き」「サバの開き」などを連想することが多いと思います。

あと、「海開き」や「鏡開き」なんてのもあります。



しかし、我が家では「開き」と言うとコレしかありません。





120719-5


「ミズキの開き」


今年もパカッと開きました。

我が家の盛夏の風物詩。



ちなみに…




120719-1


これは2008年の開き。

頭隠してハラ隠さずな正統派バージョン。






120719-2


これは2009年。

頭を隠すのが面倒になった模様。





120719-3


これは2010年。

初心に帰りました。







120719-4


これは2011年。

おかんに暴かれてカメラに収められてしまったの図。




きっと、来年も再来年もその先もミズキは開き、おかんはせっせと写真を撮るのでしょう。


ワクチンに行ってきました。

梅雨が明けるか明けないかの頃の我が家の風物詩。

それは、ビリーのワクチン。



てことで、昨日ワクチンに行ってきました。

引っ越し後、初の病院です。




今回 行く病院はネットの情報を見る限り、評判はとてもいいのですが、やたらと混んでいる模様。

ビリーの負担を考えて、なるべく短時間で済ませたかったので、朝イチで行ってきました。



病院到着は診療開始の9時ジャスト。

それでもすでに待ち人多し…


受付済ませて30分程待ちました。

ビリー、ワンちゃんの声にかなりドキドキしてました。




診療をしてくれたのは、おかんと同年代くらいの女性の先生。

とても説明が上手で、良心的な先生でした。



おかんがオーダーしたのは、4種ワクチンと血液検査。


それに対し先生は、

「マンションの上階で完全室内飼いをしているので、
4種(¥6000)ではなく、3種(¥4500)で十分かもしれません。」


と教えてくれました。


ただ、すでにワクチンの外箱を開封して、カルテに4種のラベルを貼った後で、

ワクチンが破棄になってしまうと申し訳ないので、そのまま4種を接種してもらうことにしました。

来年以降、3種にするか4種にするか再検討することにしました。



さて、まずはワクチン。

キャリーからムリヤリ出されたビリー、警戒度MAXです。



ここで、例年にないオプションが待っていました。

エリカラ装着です。

この病院では、針刺しのときに患部が見えないようにするため、巻くのだそうです。

ストレス軽減になるのだとか。




「巻いたことないエリカラ巻く方がビリーにとってはストレスかもしれません…」

なーんておかんの心の声が先生に伝わってなければいいのですが(笑)



有無を言わせずパラボラビリーが出来上がり、AHTさんとおかんの2人でビリーを保定し、

ビリーを力の限り褒めちぎりながらワクチンと採血を瞬く間に済ませ、パラボラ脱着。


所要時間3分未満。 早いっっっ!



聴診等々もサクッと済ませ、診療はおしまい。

ビリー、やっとキャリーの中に帰れます。

AHTさんとおかんが手を離し、ビリー自らキャリーに行かせようとすると…




わざわざくるりとこちらを振り返り、先生・AHTさん・おかんの方に向かって、

「シャーーーーッッッ



一発吠えてから、すんなりとキャリーに納まりました。

そりゃわざわざ抗議したくもなるよねぇ…




120718-2


ビリー、今年も頑張りました。


血液検査の結果は、相変わらず肝機能値が高め。

しかし、これまで4年間の検査結果とほぼ変わらないことから、

積極治療&検査はせずに様子見することになりました。


次回は6ヶ月後に検査します。





120718-1


帰宅後のビリー。

お顔はどよーんとしてますが、それほどご機嫌は悪くありません。


今回もこれといった副反応はありませんでした。



何はともあれ、今年も家猫としても務めお疲れさまでした。

上野動物園のパンダの赤ちゃん、ただただ残念です。





120713-2


7月に入ってから(いや、もっと前から?)、

飽きれるようなニュースや、耳を塞ぎたくなるようなニュースばかりで、

パンダの赤ちゃん誕生のニュースは、おかんにとって唯一とも言うべき明るいニュースでした。

赤ちゃんやシンシンの様子を伝えるニュースをとても楽しみにしていました。






120713-1


空の上でずっと幸せにしていてほしいなぁ…

などと、ガラにもないことを考えています。


お誕生日おめでとう

上野動物園のパンダ、リーリーとシンシンに赤ちゃんが誕生したそうです。

うん、大変めでたい。


契約上、2年後には中国に返還されてしまうらしいので、

それまでに子パンダ拝みに行きたいなぁ…(ぐふふ♪)などと思っております。





さてさて。


正確な日付は定かではありませんが、ミズキも今月で5歳になりました。




お誕生日おめでとう。






120705-1

(縮むの図)



言わずと知れたおとんっ子です。





120705-2

(伸びるの図)



おとんは毎晩、右手でお箸を操りゴハンを食べつつ、左手でミズキのお尻トントンしています。

左手がおろそかになると、鉄拳(ツメ)制裁が待っています。



おかんはそんな姿を見て、意外と右脳のトレーニングとかになってんじゃないか…?

なんて思っています。






120705-3

(ゴキゲンの図)



寝る前は、おとんのヒザの上でお尻トントンをしてもらいます。

たまに、ヒザから落っこちそうになって慌てています。

でも、頑張って踏ん張っています。


こういうとき、伸びたツメはとても都合がよいようです。



それに伴い、おとんのヒザはかなりキズだらけになってしまうのですが、

まぁ、よしとしましょう。





今日のテーマは「頑張れおとん!」でございました。(あれ?)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。