スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

大運動会復活

9月とは思えない寒さだった昨日。

ビビリーズはいつもよりたっぷりお昼寝。




080930-1

「ぐぅ・・・」




080930-2

「すぴすぴ・・・」



珍しく、晩ゴハンの時間になっても起きませんでした。



その代わりなのか、昨晩は久々に真夜中の大運動会が復活。

深夜0時に始まり、ド深夜2時ごろまで、飛ぶは走るは吠えるはの大騒ぎ。


ビリー、雄叫びをあげながら走り回っていました。
ミズキ、何度もおかんめがけてダイブしてました。


おかん、おかげで寝不足です。



[追記]
おかん、明日から外で働きます。
記事の更新は夜間になります。

もしかしたら、ちょこちょこ更新をサボるかも・・・です。


スポンサーサイト

小型のトラ、その後

一昨日の朝、小型のトラ (前回の記事参照) に変身したミズキ。

病院から帰った後もなかなかご機嫌が直りません。



朝から飲まず食わずではさすがに辛いだろうと思い、
前回の記事をアップした後、カーテンに篭城中のミズキをゴハンに誘いました。




080929-1

「ゴハンで釣ってミーちゃんのご機嫌をとる作戦ですニャ。」



解説ありがと。



以下、その時のミズキとおかんの会話 (← おかんの 妄想 想像)


「ミーちゃん、ゴハン食べよ♪」

「・・・ (まだ怒ってるニャ おかんなんて無視ニャ)」

「ミーちゃん、お腹空いてるでしょ。 ゴハン食べようよ♪ ゴッハーン♪」

「・・・ (お腹は空いたけど、まだ怒ってるニャ)」

「ゴッハーン♪ ゴッハーン♪ ゴッハーン♪」

「・・・ (どうしようかニャ)」

「ゴッハーン♪ ゴッハーン♪ ゴッハーン♪」

「・・・ (どうしようかニャ)」

「ゴッハーン♪ ゴッハーン♪ ゴッハーン♪」

「・・・ニャ (食べるニャ)」



少量のカリカリを出すと、あっという間に平らげました。
この時、16時ごろ。
お腹、ものすごく空いていたようです。



さて、これでやっと和解できるかしらと思いきや、
ミズキ、食べ終えるとカーテンにあっという間にUターン。


「おかんがウルサイからゴハンは食べてあげるケド、まだ許してあげないニャ。」

ということだったようです。


がっかり・・・


ミズキのご機嫌が直ったのは晩ゴハンの時間に近い頃でした。

晩ゴハン、朝ゴハンが食べられなかったのを取り戻すかのようにガッツリ食べてました。



ワクチン後も食欲・トイレ問題ナシ、発熱・嘔吐等もナシ。
大暴れした割には、なかなか優秀でした。



[おまけ]
ご機嫌が直ったあとは、このとおり。


080929-2

「ぐー ぐー ぐー」

ミズキ、小型のトラに変身するの巻

今朝、ミズキをワクチン接種&血液検査のために病院に連れて行きました。



午前8時40分。

ミズキの捕獲を開始。


おとんがミズキを持ち上げ、手足をガッチリ固定して、おかんが洗濯用ネットをかぶせて、
キャリーに大人しく入ってもらう、という算段です。



さてさて、おとんの足にじゃれ付いているミズキをおとんがヒョイと持ち上げると、
ミズキはすぐさま警戒モード。
手足はジタバタと落ち着きません。


おかんがネットをかぶせると、警戒モードはMAXに到達。
目力がいつもと違います。



ミズキ、ここで小型のトラに変身しました。



ネットの中で暴れまくり、「に゛ゃー と唸り、ネットをかぶったまま、走って逃げようともがき・・・
ネットを破り、大騒ぎし・・・



その結果・・・




080927-1

おとんの左手、流血の大惨事。

特に、人差し指はガッツリ爪が食い込んだらしく、なかなか血が止まりませんでした。
そして、シャツの袖口は血まみれ。 キャリーや洗濯ネットも血が点々。


えらいこっちゃでした。



それでもなんとかミズキをキャリーに押し込んで、おとんの手をパパッと消毒して、病院へGO。

病院へ行く途中は大人しくしてくれました。



9時過ぎに病院へやっとこ到着。


キャリーからミズキを出す前に、先生やAHTさんに、

「この子、メチャクチャ暴れるかもしれません。 今日、キャリーに入れるときに小型のトラに変身してますので気をつけて下さい!」

とあらかじめ注意喚起。


ミズキを恐る恐る出すと・・・




カチンコチンに固まってました




それを見て先生、

「この子は固まるタイプの子なんですね~ 10分もしたら慣れてきて暴れだしちゃうから、今のうちに済ませちゃいましょう。」

と、検温・採血・ワクチン接種をサクッと済ませてくれました



血液検査の結果は、




080927-3

080927-4

GPTがやや高め。
その他は問題なしでした。


半年に1回くらいの割合で血液検査を受けることになりました。




080927-2

4種混合ワクチン完了です。

ミズキ、頑張りました。



家に戻ると、10時になっていました。


キャリーを開けても、まだまだ警戒モードMAXのミズキ。



少しすると、腰を低くして、こそーっとベッドの隅に逃げて行きました。
そういえば、ビリーを初めて病院に連れて行った日もこんなカンジでした。


このあと、寝室のエアコンの上に登ってみたり(普段はこんなコトしません)、
ゴハンに全く口をつけなかったりと、なかなか落ち着かず・・・




080927-5

「・・・・・・


そのうち、カーテンの中でふて寝。


女王様のご機嫌が早く良くなりますように・・・


病院に行ってきました。 (再検査)

今朝、ビリーを病院に連れて行きました。

過日、異常値が見られた腎機能&肝機能 の再検査です。




080926-1

080926-2

080926-3

上から、8月9日、8月23日、今日の結果です。



腎機能値(BUN・CRE)については問題がなかったものの、
肝機能値(GPT・GOT)については異常アリでした。


肝機能値、前回よりも高いです。



以下、結果を受けての先生とおかんのやりとり。


「このようなケースの場合、胆管炎などの疾患を疑うのですが、黄疸が出ていないので恐らくその可能性は低いと思います。 ビリーくん、現在 食欲はありますか?」


「ハイ。 問題ないと思います。」


「では、毎日激しい運動などで、身体をあちこちぶつける子も慢性的に肝機能値が高くなることがあるのですが、心当たりはありませんか? 確か、おかんさんのご家庭はもう1匹 猫ちゃんがいるとのことでしたので、その子と激しいケンカをしたりとか。」


「ケンカや追っかけっこはよくあるのですが、止めに入らないと危ない、というような激しさではないと思います。」


「現在、ビリーちゃんのように肝機能値が高めで定期的に検査している5歳の子がいるのですが、その子はGPTが100~250あたりで推移しています。 食欲もあってこれといった疾患に繋がっているわけではなく、様子を見ている状態です。」


「なるほど・・・ とりあえず無治療で様子をみても差し支えないでしょうか?」



「そうですね。 1ヶ月後あたりにまた検査をしてみましょう。」


「肝機能に異常がある場合、まずどのような症状が考えられますか?」



「慢性的な食欲不振・下痢・嘔吐 などが考えられます。」



「2、3日程度そのような状態が続けば、『慢性的』と考えていいですか?」



「そうですね。その場合はこちらに連れてきてください。」



こんなカンジでした。



食事に関しては、腎臓ケア用のゴハンを続けたほうがいいでしょう、とのことでした。
肝機能をケアする効果が期待できるそうです。


ビリー、腎臓ゴハンを食べるとほんの少しお腹がゆるくなって(便の周りに砂がくっつく)、
便臭が明らかにキツくなるので、そのことをお話しすると、
もしもあまりに食事が合っていないようなら、
他のメーカーの療法食を試す手もあるとのことでした。


とりあえずは、現在 食べている腎臓ゴハンを続けることになりました。



併せて、左眼の状態も診てもらいました。
点眼の必要はなくなりました。

こちらは一安心です。


9時に病院に到着して、家に帰ったのは10時頃でした。
意外と早く帰ってこれました。



今日のビリー、首ではうまく採血ができず、後足から採血。
(これまでは、頚部から採血していました。)


ビリーが容赦なくもがくので、AHTさん、補定にかなり苦労されていたようです。




こちらは、家に戻ったあとのビリー。




080926-4

「2回もチクン されたニャ・・・」

キミが暴れるからだよ・・・(苦笑)



帰った直後、食事を出すと、難なくペロリ。
今は、お昼寝しています。


ミズキはちゃんと知っている。

最近のおかんの楽しみ。




080925-1

それは、たまーに繰り出されるミズキの悩殺ポーズを見ること。




080925-2

「ばんニャい・・・ むにゃむにゃ・・・」




こちらは別の日。




080925-3

「くねっ




080925-4

「ぐふふん♪」

口角をあげて、笑いながら寝ています。



これまた別の日。




080925-5

「ぼへ・・・」


あまりに眠すぎて、舌をちょこっとしまい忘れています。


あぁ・・・
なんてカワイイ・・・ (← 親バカ。)




ミズキ、どうすればおかんを悩殺できるか、ちゃんと心得ているのだと思います。



お主、やるのぅ・・・




[追記]
明日の午前はビリーの通院を予定しています。 記事の更新は午後になります。


スタジオジブリ・レイアウト展 に行ってきました。

去る日曜日。
おとんとおかんはスタジオジブリ・レイアウト展に行ってきました。


展示数1300点あまりの、とても見ごたえのある展覧会でした。
(これでなんと 大人 \1200 。 かなりオトクです。)


撮影NGの実際のレイアウト画の他に、写真撮影OKのコーナーもあったので、
もちろんデジカメを持参。




080924-1

「もののけ姫」にでてくるコダマ。

全長 約5mの拡大バージョン。
壁にドーンと描かれていました。


ちなみにレイアウト画の実際の大きさはA4サイズ程度です。




080924-2

こちらは「千と千尋の神隠し」の湯屋油屋。

うーん 細かいっ!




080924-3

こんなふうに指示を出してるんですね。




あと、体験型のコーナーもありまして・・・




080924-5

ポニョのバケツを持って・・・




080924-6

タイトル 『おっさんになった宗介 (モデル: おとん)』




080924-7

トトロのトンネルで・・・




080924-9

タイトル 『おばはんになったメイちゃん (モデル: おかん ,友情出演: ミズキ)』



あとは・・・




080924-10

タイトル 『重量オーバー!? (モデル: 一家全員)』


年甲斐もなく ガッツリ体験してきました。


いやぁ~ 楽しかった楽しかった♪



展覧会、今月28日まで開催です。
お近くの方はぜひ。



ちょうど半年が経ちました。

2008年3月23日。
ビビリーズが我が家にやって来ました。




080923-1

段ボールハウスの中にビビリーズがいます。
いきなり知らない場所に連れて来られて、とても怖かったに違いありません。


始めは、全く姿を見せてくれず、幻のにゃんこ状態でした。

半年くらいで我が家に慣れてくれればラッキー、なんて思っていました。




数日経って・・・




080923-2

3月26日。

ビリーが初めておかんの前に姿を見せてくれたときの写真です。

腰が思いっきり引けています(笑)


この頃のビリーの体重は3㎏ジャスト。
今では4.3㎏にまで成長しました。




またまた数日経って・・・




080923-3

4月1日。

朝ゴハンを食べ終えて、リビングの偵察を始めたミズキ。

この頃は、カメラを向けるとすぐに逃げてしまっていたので、
ミズキの写真はあまり多くありません。

1日の多くを、コタツの中で過ごしていました。


しっかし、今と違って ずいぶんと小顔です。




080923-4

これが記念すべき初ツーショット写真。

同じく4月1日に撮影したものです。




080923-7

こちらも同じく4月1日。

ビリーはおとんと上手に遊べるようになっていました。



以降、ビビリーズはどんどん行動の範囲を広げ、お気に入りの場所を増やし、
今では人間用のベッドを乗っ取るまでになりました。




そして、昨夜の写真がコチラ。




080923-5
080923-6

おかんがズームなしで写真を撮っていても、気にせず寝続けています。


ビリーは毎晩ベッドのど真ん中で寝ています。
ミズキはベッドの上の枕で寝るのが好きです。


おかんがビリーを避けてベッドの隅っこで枕を使っていると、
ミズキはおかんの髪の毛を噛んで枕を奪うこともあります。


最近では、ミズキ専用の枕を準備しておこうかな・・・なんて思い始めています。



半年前、ここまで家慣れ&人馴れしてくれるとは思ってもみませんでした。
にゃんこの順応力ってすごいんだな・・・と今日あらためて感心したおかんでした。


またもや病院へ・・・

前回(土曜日)の記事は、実は前日(金曜日)の夜に予約投稿した記事でした。

「今日も2匹はとても元気です。」と書きました。



が、予約投稿を終えた金曜日の深夜、ビリーに異常発生。
大ハッスルで遊んだ直後、左眼が開かなくなってしまったのです。



どうやら、暴れているうちに左眼を強打した模様。


あいたたた・・・
まただよ・・・


以前、こんなこともありました。



土曜日の朝まで様子をみたのですが、ビリー、左眼を開けづらそうにしています。
そして、瞬膜がいつもよりも充血しているように見えます。



なので、おかんのお出かけ前に朝イチで病院に行ってきました。



病院の先生曰く、

「前回よりもひどくはないですね。 消炎剤と抗菌剤を出しておきますので、様子を見て下さい。」

とのこと。




080922-3

非ステロイド系抗炎剤 (左) と抗生物質 (右) をいただきました。


今日現在、せっせと点眼してます。



当のビリーはというと・・・




080922-1

日曜日あたりから眼をしっかり開けられるようになりました。

でも、まだ瞬膜が少し充血しています。




080922-2

「目薬きらいニャ・・・」


1週間、ガマンしてね。



再診は1週間後の予定です。
そのときに腎臓&肝臓の1ヶ月検診をあわせて予定しています。


その次は、いよいよミズキのワクチンです。


ねむねむニャ・・・

本日、おかんお出かけのため、超アッサリ更新です。

気持ちよく寝ているビビリーズのお顔に免じてお許し下さい。




080920-2
080920-1


今日も2匹はとても元気です。



女王様とお呼び。

昨夜のこと。




080919-1

あっ!
ミズキがタワーで寝てる!!


ビビリーズが我が家に来てそろそろ半年なのですが、ここで寝るミズキを見たのは初めてです。


ちなみに、ビリーはここで毎日お昼寝しています。




080919-2

「たまにはここで寝るのもいいかニャ・・・」

なかなかご満悦の様子。



一方、ビリーはしかたなく(?) 猫ベッドで寝ています。 (写真奥)




080919-3

「ミーちゃんにとられちゃったニャ・・・」


ビリー、何度も何度もミズキの方を見上げていました。




そして今朝。




080919-4

「ココ、なかなかいいニャ。」

どうやらお気に入りスポットになったようです。


その時ビリーは・・・




080919-5

「タワーがダメなら、こっちで寝んねするニャ・・・」

今日は洗濯カゴの中でお昼寝することにしたようです。



しかし、タワーはビリーのお気に入りスポット。
できれば順番に仲良く使ってほしいところです。



そこで、

「ビリーくんもココで寝んねするのが好きなんだから、かわりばんこで使ってね。」

とタワーの上のミズキにお願い。



すると・・・




080919-6

ん!?
なんでミーちゃんがそこにいるの!?




080919-7

「おかん、タワーはかわりばんこって言ったニャ。 だからここで寝んねしてあげるニャ。」



だけど、ビリーくんをカゴから追い出せとは言ってないよぅ・・・(泣)



そんなミズキを我が家では「女王様」と呼んでいます。


ゴッハ~ン!!!

毎晩19時前。


ビリーは決まって 「キッチンとおかんの間 (ややおかん寄り) 」 に陣取ります。




080918-1

こんなカンジで。


静かにゴハンのアピールをするのです。


さらに、無言でじーっとおかんの方を見たり、おかんの腕に頭をコツンとぶつけてみたり、
おかんと視線を合わせずにテーブルの上をスーッと通過してみたり。


あの手この手で頑張るのです。
とてもカワイイのです。 (← 親バカ。)



一方、ミズキはのんびり構えていることが多いです。




080918-2

果報は寝て待つタイプなのかな・・・?




さてさて、待ちに待ったゴハンの時間。


おかんはいつも 「ゴッハ~ン!」 と号令(?)をかけます。



すると・・・
(音が出ます。 ビリーの声とおかんの声が入ってます。)




必ずビリーが 「きゃ~ (ゴハン食べますニャ!)」 とお返事してくれるのです。


動画ではビリーの声が小さくなってしまいましたが、
毎日なかなかの大声を張り上げてくれるのです。



なおもおかんがカメラをいじっていると・・・




080918-3

「早く! ゴハン!!」


このあと、急いでキッチンでゴハンを用意しました。




080918-4

「おかん、ゴハン出すの遅いニャ!」
「はぐはぐ もぐもぐ」


この日もペロリと平らげました。


今のところ、夏バテとは無縁のようです。


どーん☆


080917-1

ツノの生えた黒い大福・・・

こ、これはいったい・・・?




080917-2

あ、なぁ~んだ ビリーくんか♪




080917-3

「おかん、さてはネタ切れしたニャね・・・」



う゛っっっ・・・
図星



おかん、今日・明日とおでかけのため、アッサリ更新です。



あーーー!
研修行くのめんどくさーー!!


アタマ隠して

昨日の午後のこと。


午前(前日の記事参照)に引き続き、ぎゅんぎゅん寝続けるビビリーズ。


そのうち・・・




080916-1

パカッ


ミズキ、今日も開きました。

オシリを隠すのをどうやら忘れてしまったようです(笑)




080916-2

一方、ビリーはフツーに寝ています。



2匹の位置関係はこんなカンジです。




080916-3

まん丸ビリーとおっぴろミズキ。



そのうち、ミズキがモソモソと動きはじめました。




080916-4

風通しを良くしたかったようです。



ミズキ、しばらくこの体勢で寝ていました。



おかん、写真撮り放題でした。


巷では・・・

3連休ですが、ウチのおとんは今朝5時に出張先に向けて出発。
いつもよりめっさ早起きでした。


ビビリーズも4時半過ぎに道連れ起床。



いつもは8時頃までグーグー寝ているこの子は・・・




080915-1

「ねむねむニャ・・・」


眠くてしかたないようです。




080915-2

「ぼ~~~」


この写真を撮ったのは朝10時前。
いつもならウロチョロ動いている時間帯です。

今日はさすがにそんな気にはなれないようです。



ミズキはというと・・・




080915-3

「ニャに?」


こちらはパッチリお目覚め



かと思いきや・・・




080915-4

「ねむねむニャ・・・」


やはり眠かったようです。




080915-5

なんとなく、ロシアの毛皮の帽子を思い出すのはおかんだけでしょうか・・・



12時を回った今も、ビビリーズはまったりお昼寝中です。




[おまけ]
だらりーんとカメラ目線。


080915-6


猫団子 あり〼 。

ここのところ、朝夕はめっきり涼しくなってきました。


なので、昨夜 久々に復活。




080913-1

猫団子♪

おかんが近づいてカメラを構えたので、まん丸団子が少し崩れてしまいましたが・・・




080913-2

画面いっぱいのビビリーズです。



しばらくすると・・・




080913-3

「む、むぎゅぅ・・・」


ミーちゃん、せっかくのかわいいお顔が・・・(汗)



このあと、ミズキがビリーにパンチして乱闘開始
2匹で走ってどこかに行ってしまいました。


猫団子、いったん休止です。


或る朝の光景

カラリと暑い今朝のこと。


モーレツにゴハンを催促して、あっという間に平らげたビビリーズ。



ゴハンが終わると、思い思いの場所でのんびり。




080912-1

あ、ビリーくん見っけ♪

今日はベッドの隅でお昼寝することにしたようです。




080912-2

「んぁ? 見つかったニャ。」


昨日、病院帰り直後はお疲れだったビリーも、夕方前にはいつもの元気を取り戻しました。
食欲・トイレ、申し分なしです。

夜も全く騒がず、グッスリ眠っていました。




080912-3

あら、カワイイこと♪ (← 親バカ。)



さて、ミズキは・・・




080912-4

ここでまったり。
カーテンの中に潜りこむには、暑いようです。




080912-6

「ねむねむニャ・・・」


おかんもつられて眠くなりそうです。



[おまけ]
ニャに?



080912-5


大学病院に行ってきました。 (再診)

前回の受診から2週間。
ビリーの左眼の経過を診てもらいました。


本日 受けた検査は、眼科一般検査(眼球の写真撮影)のみでした。


結果は・・・


左眼については、濁りの範囲が狭まってもおらず、広がってもおらず、
といったところでした。

2週間前と状況は変わらずでした。

今後、濁りの範囲が左眼全体に広がったり、
痛みが出てきたりする可能性も捨てきれないとのことでした。


右眼については、結膜のブツブツとしていた箇所が治ってきました。
先生曰く、サプリメント (リジン) が効いているのではないか、とのことでした。



リジンが良い効果をもたらしていると見受けられる点から、
ビリーの眼のトラブルは、ヘルペスウィルスに起因している可能性が高いとのことでした。

(※ リジンはヘルペスウィルスのDNAの複製を阻害する効果があるそうです。)


現在 使用している目薬については、なくなるまで点眼を継続させ、
サプリメントについては、現在の用量 (1日1スティック)を半分に減らして、
2ヶ月程 継続させることになりました。
リジンのスティックを30包 (60日分) いただきました。


再診は、10月下旬から11月上旬になりました。



2週間前にも先生からうかがった通り、左眼の症状が進行した場合、
やはり角膜上皮幹細胞の移植手術が必要になるそうです。



おかん、手術はなるべく避け、デイリーケアで補っていきたいと考えています。

とはいえ、「手遅れ」の状態にしてしまいたくはないので、


① より早い段階で手術に踏み切った方が、完治が期待できるのか?
② もしも濁りがかなりひどくなった段階でも、手術適応(効果が期待できるのか)となるのか?


を先生にうかがいました。



先生曰く・・・


①については、早ければ早いほど良い、というものではないとのことでした。
少なくとも、現在のビリーの眼に手術するのは時期尚早とのことでした。


②については、角膜上皮が完全に濁っている状態であれば、
その濁りを外科的に除き (濁りの下には正常な、つまり透明な角膜上皮があるそうです) 、
正常な細胞を移植することになるとのことでした。



しかし、移植手術を受けたのち、角膜上皮が再び濁ることもあるそうです。
その場合は、手術適応とはならないそうです。

要するに、手術は1回こっきりです。



以上の結果は、大学病院の先生からいつも診療をお願いしている先生に
ビリーの眼の写真とともに文書で知らせてくれるそうです。


10時半に病院に到着して、診察&検査が終わったのが13時過ぎ。
家に帰り着いたら13時半になっていました。



家に帰って1時間ほどのビリーの写真です。




080911-1

長時間キャリーの中に閉じ込められていたので、ぐったりしています。




080911-2

そういえば、病院からの帰りにパラッと雨が降ったんだけど・・・
やっぱりビリーは雨男?

(ビリーの過去の雨男っぷりはコチラコチラ。)


次回からは、たとえ太陽がギラギラしていても、
折畳み傘持参で病院に行かなきゃかしら・・・なんて思ったおかんでした。


ピン ポン パン ポーン♪

明日は、11時からビリーの大学病院再診を予定しています。

記事のアップは帰宅後となります。



ビリーの眼、治ってないような、治ったような、やっぱり治ってないような・・・
というカンジです。


vs わんこ その後

昨日の朝、ワンちゃんとのバトルを演じたビリー。

ケガがなくて幸いでした。



が、こんなことが二度と起こってはならーーーん!!!



ということで、昨日の午後 買ってきました。




080910-1

「コレなんニャ?」
「なんかニオイするニャ。」


ヒノキのスノコだよ~

2匹とも興味津々です。




080910-2

「あ、ミーちゃんが見えたニャ。」
「このオモチャ、あんまりおもしろくないニャ。」


オモチャじゃないよ~




ビビリーズチェックを受けたあと、早速 設置しました。




080910-3

こんなカンジです。

ベランダの間仕切り板とエアコンの室外機の間に挟み込みました。


これにて一件落着♪


vs わんこ

今朝のこと。


おかんがカメラ片手にブログのネタを探してウロウロしていると、
お隣のワンちゃんの鳴き声が。


ん・・・
ずいぶん近いな・・・
まさか、またベランダに来たの?


これで今日のブログネタは決まったな♪ なんて思いながら呑気にリビングに行くと・・・




080909-1

ビリーが闘ってる真っ最中でした


うわっ・・・
これはマズい・・・


おかん、ビリーをなだめつつ、ワンちゃんを追い払いつつ、カメラを構えつつ。


ビリー、興奮が治まりません。
「フーシャー (出て行けー)」 と何度も唸りながらワンちゃんを威嚇します。
ワンちゃんの方も、「ワンワン と応戦。 (でも、なぜかシッポフリフリ)




080909-2

背中の毛はソフトモヒカン状態、シッポはボワボワです。


ビリーを優しくなだめて窓から遠ざけようとするのですが、一歩も退きません。
なおも「フー シャー と威嚇を続けます。


おかんの声がまったく聞こえていないようです。
窓を閉めることすらできません。



ヘタに騒ぐと、かえってマズいかも・・・



写真なんか呑気に撮ってる場合か!? と、自分自身にツッコミつつ、
コトの成り行きをそばで静かに見守っていると・・・



そのうち、ワンちゃんが 「キャイ~ン (怖いよ~) と退散。
(ホントに 「キャイ~ン」 て鳴くんだ・・・)


おかん、汗がどっと出ました。




080909-3

ワンちゃんが退散した後も、まだまだ警戒中のビリー。




おとんが長期出張中の今、我が家に男子はビリーだけ。

ビリー、もしかしたらそのことを解ってて、
ミズキとおかんのことを守ろうとしてくれたのかな・・・?




080909-4

「我が家の平和はボクが守りますニャ。」


ビリーに漢を感じたおかんでした。 (← 親バカ。)



このあと、ゆっくりビリーを撫でていると、いつもの甘えんぼにゃんこに戻りました。
ホッ・・・


今は、静かにお昼寝しています。



しっかし、何事もなかったから良かったものの・・・
こんなことが再三続くようなら、お隣にチクッと何か言わなきゃかしら・・・


あ、半分冗談で半分本気です。(←物騒)

たけこぷたー

ある日のこと。




080908-1

ビリーがこの姿勢で固まっていました。
グッスリです。




080908-2

しかも上体捻り。
空を自由に飛んでる夢でもみているのでしょうか。




080908-4


こんなカンジで。




まったく動きのない動画も撮ってみました。
(動画の意味があるのかしら・・・)





普段はお腹を下にして寝ていることが多いビリーですが、
たまにはこんな寝相のときもあるようです。




ちなみに、我が家でいちばん寝相が悪いのはミズキです。
毎日おっぴろげています。
ゴロンゴロン転がっています。



そして・・・
次に寝相が悪いのは多分おとんです(笑)


あっ・・・ そこは・・・

数日前のこと。




080906-1

「ん~と」



ん・・・?
そこ登るの?




080906-2

「よいしょっと♪」


あ・・・
登っちゃった・・・




080906-3

「なんだかグラグラするニャ・・・」

(シッポでバランスとってます。)




080906-4

「なんか、落ち着かないニャ・・・」


おとんが見たら、「あ゛ーーー!」 って叫んじゃうだろな(苦笑)

(このテレビ、おとんがとても大事にしています。)




080906-5

「こっちのほうがいいニャ。」


うんうん。
そっちの方が安全安心♪



以前は、必ずビリーの後にくっついて探検やイタズラをしていたミズキですが、
いつの間にやら単独行動がお手のものになりました。


昨夜は前足で器用にキッチンの引き戸を開けて、中に侵入していました。
狭い洗面所にもひとりで入るようになりました。

以前のミズキなら、考えられなかったことです。


そのうち、イタズラのパイオニアになってたりして・・・なんて思っています。


カゴ争奪戦

昨日の朝のこと。

おかんが洗濯物を干し終わると・・・




080905-1

「ボクもカゴに入りたいニャ・・・」
「ダメ! ここはミーちゃんの場所ニャ!」


この日もカゴ争奪戦が勃発。


この戦い、ミズキが連戦連勝をおさめています。
とにかく強いのです。


「くわっっっ と威嚇してみたり、パンチを繰り出してみたり。


ビリー、タジタジなのです。



おかんは、2匹でカゴに仲良く入って猫団子♪ なんて写真を期待してカメラを構えているのですが、
その気配はいっこうにありません。




080905-2

代わりにこんな写真が撮れました。
飛び出す肉球。



しかし・・・




080905-3

充填率高すぎ・・・

ミズキが入ると、ほとんど隙間がなくなります。



このカゴ、そんなに小さかったっけ・・・?



このあとも、勝者ミズキは女王の風格(?)でカゴを堪能していました。




ビリーはというと・・・




080905-4

「カゴ、取られちゃったニャ・・・ ぐすん」



・・・と、たそがれているのではなく、ベランダにやって来たセミさんに興味津々(笑)



しばらくすると、カゴに飽きたのか、ミズキはどこかに行ってしまいました。
ビリー、空いたカゴにコソッと入っていました。



そんなビリーの可愛らしさにってなったおかんでした。 (← 親バカ。)


ビリーの眼 その後

大学病院受診から、1週間が経ちました。

目薬は1日3回、毎日欠かさず点眼しています。
サプリメントも1日1回、朝ゴハンに混ぜています。



ビリー、毎日よく頑張っています。
点眼のとき、全く暴れません。

サプリメントも上手に食べます。
無味無臭らしく、カリカリに混ざっていても気にならないようです。




080904-1

しかし、ビリーの眼、いまだ変化はありません。


右眼は角膜上皮と結膜の境界がはっきりしているのに対し、
左眼は境界がぼんやりしたまま。

角膜上皮にまだまだ濁りがあるのです。


濁りの範囲が狭くなった、濁りが薄くなった、などの好感触もイマイチありません。
残念ながら今のところ、受診前とほとんど変わりがないようです。




080904-2

次回の受診まであと1週間。

早く眼が治るといいね・・・と言いながら点眼しています。


珍客あらわる

数日前のこと。


ベランダで物音がするので、カメラをパパッと用意すると・・・




080903-2

ん・・・?
この姿は・・・?




080903-1

ビリー、おっかなびっくりで偵察しています。
シッポ、かなり太めです。


でも、逃げません。
なんで!?


ちなみに、ミズキはベッドの下に避難完了しています。




080903-3

お隣のワンちゃんがコンニチハ。



実は、これが初めてではありません。
このワンちゃん、たまーに我が家にお散歩にくるのです。


とてもフレンドリーな子で、知らない人間もにゃんこも全然へっちゃらなのですが、
ビビリーズはとてもじゃないけど仲良くする気分ではないらしく・・・




080903-4

高いところからワンちゃんを警戒中。
背中の毛が逆立っています。 シッポ、いつもの倍以上の太さです。
でも、フー シャー は言いません。


しかし、怖いならなぜ逃げない・・・?
網戸にストッパーが付いてるから、部屋の中には入ってこないって解ってるのかしら・・・?


ビリー、ワンちゃんがお家に帰るまで、じっとここでワンちゃんを見ていました。
おかん、ずっとビリーのそばで様子を見守っていました。


できればとっととお帰り願いたいのですが、このワンちゃん、
おかんが近づくと 「ワンワン♪ (コンニチハ♪)」 と、シッポフリフリでハイテンションになります。
とことんフレンドリーです。


なので、この日も帰ってくれるのを静かに待っていました。



しばらくして、ワンちゃんの脱走にママが気づいて、ワンちゃんを呼び戻してくれました。



ワンちゃんのママ、もっと早く気付いてくださいね・・・(苦笑)


体重測定 その10

本日の体重測定の結果です。
前回の測定結果はコチラ




080902-1

ビリーは4.3㎏でした。
前回と比較して、ほんの少し落ちました。


毎日、目薬頑張っています。
サプリメントも上手に食べています。

9月11日の次回の大学病院の診察までに、眼の調子が良くなっていればいいのですが・・・




080902-2

ミズキは3.7㎏でした。
前回と変わらずです。

体重を量るために抱き上げたら、「や~め~れ~ と鳴きながら抵抗されてしまいました。
手も足もじたばたしていました。
毎度のことです。


今月か来月にワクチン&血液検査に行こうと思っているのですが、
その時に、いかに穏便にキャリーに入ってもらうか思案中です。


生キズ覚悟。 3コ以内のキズだったら御の字。
なんて思っています(笑)。


おとんとおかんの浮気

ビビリーズがなにやらお話をしています。




080901-1

「おとんとおかん、ボクたちのことおうちに置いて行って、昨日 浮気してたニャ
「白黒の子はミーちゃんたちだけで充分ニャ


でも、ふたりの晩ゴハンの時間までにちゃんと帰ってきたでしょ~



おとんとおかん、昨日 映画 『パンダフルライフ』 を観てきました。


山ナシ谷ナシのとってもまったりほのぼのした映画でした。
子パンダ、むちゃくちゃ可愛かったです。




080901-2

「こないだは 『カンフーパンダ』 観てたニャ。 その前は 『崖の上のポニョ』 観てたニャ。」
「パンダ・パンダ・ポニョ って、おかんの映画のシュミもビミョーだニャ。」


たまたま続いただけだよ・・・(汗)




080901-3

「お留守番、 寂しかったニャ!」


ごめんごめん。

って、おかんが帰ってきたとき、「ずっとお昼寝してました~♪」みたいな顔してたクセに(苦笑)


昨日は、2匹ともひたすらお昼寝しながら待っていたようです。
トイレも入った形跡がありませんでした。


気温が高かったので、寝室のエアコンを29℃に設定して出かけたのですが、
帰ってきたとき、2匹とも寝室ではなく暑いリビングでまったり。
いつものことです。

「親の心、子知らず」 といったところでしょうか・・・



長時間の外出から戻ると、ビリーは決まっておかんのそばにくっついて歩きます。
そして、おかんが立ち止まると、「撫でて♪」 とゴロン。

ホント、甘えっこです。




080901-4

「ビリーくん、そろそろ機嫌直すニャ。 ペロペロ♪」
「ん~ そこ気持ちいいニャ♪」


しばらくの間、長いお出かけはないから、早く機嫌直してね。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。