スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

1週間が経ちました

昨日の様子です。
おとんが写真を撮ってくれました。


080331-1

おかんにナデナデされてご満悦です。


080331-2

チャームポイントのグレーのあごが全開です。

この日はおとんにもナデナデ&ブラッシングしてもらいました。
ビリー、ちょっとおっかなびっくりの様子ですが、着実におとんに馴れていっています。


探究心も相変わらずです。


080331-3

「入れないニャ・・・」

そこに入ってもらっては困ります。
おかんがレスキューできません。


一方、ミズキはというと・・・
相変わらず1日の大半をコタツの中で過ごしています。


080331-4

「ミーちゃんのお部屋に入るときはノックして!」

怒られてしまいました。

最近のミズキ、おかんのそばでゴハンが食べられるようになりました。
ただし、コタツの出入り口にお皿を置かないと食べませんが・・・
食べる量は、以前に比べてグッと増えました。
少しずつ、コタツの外にも出るようになりました。
1度だけ、おかんがいるそばでトイレもできました。
ミズキも着実に我が家に慣れていっています。


1週間前、我が家に来た当初は、ダンボールハウスの中でピクリとも動かなかったビビリーズ。
そんな2匹がここまで我が家に慣れてくれました。
嬉しい誤算です。

今後も少しずつでいいから、おとんやおかんに馴れていってくれたらいいな・・・と思います。


スポンサーサイト

ゴハンのこと、トイレのこと、その他のこと

我が家にやって来てそろそろ1週間のビビリーズ。
ここ2,3日の様子です。

[ゴハン]
やっと充分量を食べてくれるようになりました。
2匹ともドライよりもウエットの方が好きみたいです。
これまでカリカリを2種類、ウエットを3種類出してみましたが、
出したゴハンは全てイヤがらずに食べてくれます。

ここ2,3日は、カリカリ30~40gにウエットを少量トッピングしたものを
正午頃と23時頃に出しています。

昼のゴハンは、おかんが部屋にいるせいか、ミズキが食べにくそうにしています。
コタツの出入り口にゴハンを置くと食べます。
ビリーはおかんが目の前にいてもガツガツ食べます。
ビリーはお水をよく飲むのですが、ミズキがあまり飲みません。

夜のゴハンは部屋の明かりを消しておとんとおかんが部屋を出ると、
2匹とも飛んできて食べています。
食べ残しはありません。
お水はいつも2匹で100~150mlは飲んでいます。


[トイレ]
ビリーは昼夜関係なくトイレができるようになりました。
ミズキは夜中しかしません。
できればミズキも昼間にトイレをしてほしいのですが・・・

下痢、血尿は今のところありません。
大も小も毎日出ています。

食べる量が増えるにしたがって、大も小も量が増えてきました。
ビリーは「コレって人間の子供並!?」と思えるくらいの量を出す時があります。

トイレの砂にもこだわりが出てきたようです。
ビリーはおかんがトイレ掃除をしたあとに必ずトイレにやってきて、
トイレ砂を自分の使いやすいように踏みならします。


[その他]
夜中はいつも2匹とも元気に遊んでいるようです。

ビリーは180cmもある本棚の上から大ジャンプするようになりました。

ミズキはカーテンレールを渡って、エアコンに乗って降りられなくなって、
朝 発見されるということが2度ありました。

昼間は、ビリーは部屋の中を自由に動き回っています。
おかんの前でイタズラもします。
おかんに甘えてくれるようにもなりました。
ブラッシングも、シャンプータオルで拭くこともイヤがりません。
というより、とてもお気に入りのようです。

ミズキはコタツにいることがほとんどですが、
ちょうど今日、昼間にコソーッとコタツから出てきました。
姿勢を低くして、おかんを思いっきり警戒していました。
数日前のビリーにソックリです。

コタツの中では、2匹とも自由な寝姿で寝ています。
ビリー、ヘソ天に近い寝相で寝ることもあります。
是非、コタツの外でその寝姿を披露してほしいところです。

また、おかんがコタツを覗くと、
警戒して視線を絶対に外さなかった以前とは違い、
2匹とも自分達から視線を外して目をつぶるようになりました。
「眠いんだから、放っておいてよ~」というカンジです。

日一日と我が家に慣れていっているようです。


共犯でした

昨日、おとんの本にイタズラした犯にゃんはビリーだと書きました。
昼間からしきりにブルーシートに興味を示していたし、
てっきり単独犯だと思っていました。

しかし昨日深夜、おかんは見たのです。

080329-1

「あ、バレちゃった・・・」

ブルーシートの内側に入り込んだミズキです。
この時、ビリーは本棚(高さ約180cm)の上にいました。

キミたち、協力してブルーシートを引っぺがしてたのね・・・

一夜明けると、当然のことながら、おとんの本は見事なまでに飛び出していました。


初!

つい先ほどのこと。

080328-4


ビリーがブラッシングさせてくれました。
おかん、狂喜乱舞です。

ビリーはグルグルゴロゴロしっぱなしで、
ちょっとイジワルしてブラッシングを止めようとすると、
「止めちゃイヤ!」と強烈アピール。
しかも、ブラッシング後にフミフミモミモミの出血大サービス付き。

フツーはここでブラッシングの模様をアップするところなのでしょうが、
写真はありません。

おかん、あまりの嬉しさにテンパってしまって、
写真を撮るのを忘れました・・・
残念。


犯にゃんは・・・

今朝の光景です。

080328-1


カーテン、外れている数が昨日よりもグッと減りました。
カーテンレール渡りが板についてきたようです。(← 精一杯ポジティブコメント)

一方、こちらはエスカレート。

080328-2


本をガードするブルーシートが無残に落ちています。

おとんの大事な本が被害に遭うのは見過ごせません。
早速、犯にゃん捜し開始。

080328-3

「・・・!」

「犯人は現場に戻る。」の法則は、にゃんこにも通じることが立証されました。


ゴロスリ

本日午後のビビリーズの様子。

ゴハン、時間をかけながらなんとか食べています。
ビリーはシッカリ食べて、シッカリお水も飲んでいるのですが、
ミズキがコタツの中で篭城を続けていることもあり、あまり芳しくありません。

トイレ、おかんが部屋にいなければ、上手にできます。
ビリーはおかんが部屋にいても一応できます。
ミズキはおかんが部屋にいるとムリみたいです。

そして、ビリーに大きな変化が。
おかんに甘えるようになりました。
両手で顔を挟んでも、お腹を触ってもイヤがりません。
小さい音ですがゴロゴロしています。

外にもよく出てくるようになりました。

080327-2

「ボクの記事?」
パソコンに興味深々だったり。


080327-3

「お天気いいよ!」
キャットタワーに登ってゴキゲンだったり。


080327-4

「高いトコだってへっちゃらだよ!」
このあと、落ちそうになって大変な思いをしましたが・・・


080327-5

「ゴハン、うまうま~♪」
おかんが写真を撮っても平気でゴハンにがっついたり。


正直、こんなに短時間で馴れてくれると思いませんでした。

ビリー、とても偉いところがあって、おかんに甘える時は必ずミズキの視界に入る場所にいるんです。
まるで、「出てきても大丈夫だよ。怖くないよ。」とミズキに教えているかのようなのです。

なんてキミはいい子なんだ!!!

バカ親親バカを炸裂させずにはいられませんでした。


姫、受難

昨夜、ビリーに引き続き、ミズキもコタツの外に出てきました。
私が夕食の準備のためにキッチンにいる隙に出てきたようです。

私はそうとは知らず、夕食の準備を終えてビビリーズ部屋へ。
1時間ほど経った頃、カーテンの隙間からミズキの顔がひょこんと現れびっくり。
私が部屋に居座ったため、コタツに戻れなくなっていたのです。

カーテンの裏側で動けなくなっているミズキに、
「おかん、お部屋出るから、その間にコタツに逃げてね。ミズキはおりこうさんだからできるよね?」
と声をかけてすぐに部屋を出ました。

10分ほど経って、再びビビリーズ部屋に戻ると、
ミズキは無事にコタツの中へ戻っていました。

ミズキはやればデキる子でした(悦)。

昨晩も人間が寝る前にゴハンの準備。
いつものカリカリと、ビビリーズが外に出たお祝いにウエットをトッピング。
ビビリーズ部屋の電気を消した途端、2匹でがっついていました。

そして、一夜明けて今朝。
驚愕(ちょっと大げさ)の光景が。

ミズキがエアコンの上に上って降りられなくなっていました。

「ミズキ~、おかんが降ろしてあげよっか~? それとも自分で降りる~?」

080327-1


「どっちもムリ!!!」


このあとすぐにおとんに降ろしてもらいました。

おとんに抱きかかえられたミズキ、あんよパーで思いっきり抵抗してました。
そんなになるなら、登らなきゃいいのに・・・

降ろしてもらったあとは、おとんにお礼を言うハズもなく、
スタコラサッサとコタツに逃げ込んでいきました。


ビリーの大冒険

本日午後の出来事です。

私がビビリーズ部屋でテレビを見ていると、
ビリーがコタツからひょこっと顔を出しました。

音を消してテレビの映像だけを見ていたので、
誰も部屋にいないと勘違いしたようです。

すぐに私と目が合いました。
まずい、と思ってすぐに目をそらしたのですが、
時すでに遅し。
コタツに引っ込んじゃうだろうな・・・と思いました。

ところが、ビリーは何を思ったのかそのままコソーっと出てきたのです。

こちらの気配に最大限に警戒しつつ、
姿勢を低くして窓際に移動するビリー。
やっとの思いで、窓の横のキャリーに入りました。

080326-4


このあと、すぐにコタツに隠れてしまいました。
ビリーにとっては相当ショックな出来事だったに違いありません。

今日は夜中までコタツに篭城だろうな・・・と思っていたら、
また、ひょこっと出てきたのです。

080326-5


カーテンの裏からこちらを警戒してみたり、

080326-6


視線の先のおもちゃまで少し遠くて、行くのが怖かったり。

そうこうしているうちにだんだん慣れてきたのか、
行動が大胆になってきました。

080326-7


キャットタワーからこちらの様子をうかがってみたり、
本棚の本を引っ張りだしてみたり。
おまけにコタツの上に半身を乗り出して、
私の手の匂いを嗅いでみたり。

賞味15分の冒険でしたが、とても大きな進歩です。
ビリーの尻尾が長くて真直ぐなことを初めて知りました。

ビリーくん、次回はミズキちゃんも誘って出てきてね。


日々前進

ビビリーズ、少しずつですが変化があります。

昨日の午後、私が外出しているうちにコタツから出たようです。
日中に外に出るのは初めてのことです。

でも、私がビビリーズ部屋にいると相変わらず篭城を続けます。

080326-1


コタツの隅っこが定位置です。

心配なのが、ゴハンの量が全く足りていないこと。
我が家に来て以降、1日の給餌量の約半分しか食べていません。

これまではカリカリばかりだったのですが、
今日はウエットフードとカリカリの両方を出すことにしました。

昨夜21:00、なるべくビビリーズに近い位置で
缶詰のフタをパッカンと開け、大きな音を立てながら、
ウエットフードをお皿に移しました。
さらにカリカリも用意しました。

ビビリーズの反応は良好です。
いつもうずくまっているミズキが立ち上がってこちらを見ています。
ビリーはお尻がモゾモゾ動いています。
でも出てきてくれません。

仕方ないので、明かりを消して部屋を出ました。

すると・・・

私が部屋を出てすぐ、物音が聞こえ始めました。
水分の多い食べ物を食べているクチャクチャというような音が聞こえました。

しばらくして、部屋を覗くと・・・

080326-2.jpg


ビビリーズのお好みはウエットのようです。
2匹であっという間に70g食べてました。
カリカリには全く興味を示さず。

でも、ウエットばかりを出していては人間の懐が破綻するので、
今後はウエットとカリカリをバランスよく出さねば。
(同じお皿に盛れば食べるかなぁ・・・)

とはいえ、まだまだゴハンが足りていないので、
カリカリを30gずつ2皿に盛って人間は寝ました。

一夜明けて、今朝。
昨夜出しておいたカリカリが全てなくなっていました。
初めてのことです。
お水もかなり減っています。
トイレもちゃんとできています。

そして、やはりたくさん遊んだらしく、そこかしこにツメ痕が。
キャリーバッグを倒したり、ダンボールハウスの毛布を引っ張り出すくらいなら
全然OKなのですが、これにはちょっと苦笑い。

080326-3


だんだんやんちゃぶりを発揮してくれるようになりました。
今後が心配楽しみです。


夜中の探検

今朝、ビビリーズがいる部屋に入ると、
夜中に探検した痕跡があちこちにありました。

カリカリ、2匹で42g食べてました。
2つあるお皿の片方は空でした。
日中、何も食べていなかったから、
よほどお腹が空いていたのでしょう。
前日よりも食べる量が増えています。

トイレ、大も小も出てました(嬉)!
大は1~2cm程度の大きさのものがコロコロと7個、
小は直径5cmと3cm程度の砂の塊がひとつずつ。
下痢や血尿はありませんでした。

何はともあれ、大が出てよかった♪
夜中1:30、盛大に砂かきしている音が聞こえていたので、
その時にトイレをしていたのでしょう。

そして、2匹でたくさん遊んだようです。

部屋干ししていた洗濯物がはたき落とされ
(どうやら、キャットタワーから洗濯物にダイブした模様)、
本棚の本が1冊飛び出し、
テレビの上部に取り付けているWiiの受信部がはずれ、
電話の受話器がはずれ、
ビビリーズ用のおもちゃが床にちらばっていました。

なんとも微笑ましい光景です。
(そう言っていられるのも今のうち!?)

しかし、ちょっと気になることが。
欠けたツメが見つかりました。
ビリーとミズキのどちらのツメなのか、
前足のツメなのか、後足のツメなのか、さっぱり判りません。
血はついていなかったので、それほど大事ではないと思いますが・・・・
でも、心配です。

足を見せてもらえるくらい、早く仲良くなりたいものです。


コタツに篭城

結局、今日は1度もコタツから出てきませんでした。
カリカリも全く食べていません。

ミズキは一箇所にずっとうずくまっています。
ビリーは時々モゾモゾと動き回っているようです。

午後、しばらく部屋を出ていたのですが、
ビビリーズがコタツから出た気配はありませんでした。

きっと、今日も人間が寝静まってから、探検を始めるのでしょう。
お水とカリカリを用意して、暖房を入れておくことにします。


お輿入れ そして一夜明けて

3月23日、桜の便りとともに、ビビリーズこと、
ビリーとミズキが我が家にやってきました。
新生活に慣れることができるかどうかのトライアルです。

20:00、近くの動物病院で保護主様と待ち合わせました。
キャリーに入ったビビリーズはやはり相当ビビリ状態。
自分達の身の上に何が起こったのか分からないのだから、
当然といえば当然です。

程なくして我が家へ到着。
キャリーからなかなか出てこないかな?なんて思っていたのですが、
保護主様が抱きかかえると、予想に反してアッサリ出てきました。
そしてそのまま2匹一緒にダンボールハウスへ。
中でピクリとも動きません。
ビリーの晩ご飯がまだだったので、カリカリを30gとお水をハウスの前に置きました。

test2


保護主様が帰ったあとも、ハウスの中は全く動く気配がありません。
もしかしたら疲れて眠っているのかも!?
暖房を入れて、部屋を出ました。

日付変わって深夜2:00、ガサッガサッと音がしました。
トイレの砂を掘り返している音だとすぐにわかりました。
ってことは、早くもハウスの外に出てきた!?
かなりしつこく掘り返していたようです。

しばらくすると、「あおーん あおーん」と物悲しい鳴き声が聞こえてきました。

鳴き声はすぐにやみましたので、どちらかがハウスを移動して、
姿の見えない相方を探して鳴いたのかもしれません。

早朝5:00、また「あおーん あおーん」と物悲しい鳴き声が聞こえてきました。
今度はかなり長く続いています。
心配になって、ビビリーズがいる部屋を覗きにいきました。
すると、2匹ともキャットタワーの上にいました。

私の姿を見るや、「げっ! 見つかった!」って顔をして
1匹はコタツの中へ、もう1匹はテレビの裏へ隠れてしまいました。

部屋を見渡すと、やはり猫砂がトイレの外に散らばっていました。
でも、砂を掘り返しただけで、トイレはしていませんでした。
そして、カリカリを食べたような跡が。
お皿を計量すると、14g減っていました。

キャットタワーから外が見やすいようにカーテンを開けて、部屋を出ました。

朝8:00、2匹はコタツの中にいました。
テレビの裏に隠れた子が移動したようです。
カリカリは早朝から減っていませんでした。

とりあえず、お水を入れ替えて、カリカリを30gずつ2匹分用意しました。
カリカリの袋をカサカサ揺らして、「ゴハンだよ~」と言ってみたのですが、
ミズキは無反応、ビリーはモゾモゾと動くのですが、コタツから出てきません。

ビリー顔がほんの少しコタツから出ていたので、
近づいて話かけてみました。
「ゴハン用意してるよ。怖くないよ。大丈夫だよ。」と。
コタツの中に潜っちゃうかな、と思ったのですが、
そのままの姿勢でいてくれました。

080324-1


今日は、コタツをビビリーズに進呈することにしました。

10:00、トイレに二つの塊を発見。
大きさは、ひとつが直径5cm程度、もうひとつが直径3cm程度。
もしかしたら、夜中にトイレをガサガサやっていたのは、コレを隠すため!?
でも、まだ大の方は出ていません。





お輿入れイブ!?

姫とのお見合いから一夜明け、保護主様からご連絡をいただきました。
「本当に一匹だけでいいですか?」と。
姫は人間よりも猫が好きな子。
お友達がいた方が心強いでしょう、とのことでした。

元々、2にゃんのおかんになりたかったので、
保護主様の勧めに乗っかることはアッサリ決定しました。

では、姫とどの子に我が家に来てもらうか。
かなり考えました。

あともう一匹というのであれば、
ビビリんぼで、いつもは隠れて全く出てこないのに、
私が保護主様のお宅に伺った日にだけ、
珍しく姿を見せてくれた子を我が家に迎えたいと思いました。

これも何かの縁なのだろうと。

姫とも月齢が近いし、そして何よりこれまで一緒に住んでいたのだから、
ビビリんぼ同士、きっと仲良く新生活を乗り切ってくれるだろうと。

早速、2にゃんを迎えたいと保護主様に連絡しました。
結果は快諾。
ホッとしました。

で、ホッとしたのもつかの間、よくよく保護主様のメールをみると、
「23日のご都合はいかがでしょうか?」とのこと。

23日って、明日じゃん!
まだ、お輿入れグッズが全部揃ってないよーーー!
キャットタワー、まだ組み立ててないよーーー!
慌てました。

急いで買出しに行って、キャットタワー組み立てて、
猫ハウス(ダンボール製だけど)組み立てて・・・

あっという間に1日が過ぎました。



お見合い

3月20日、寒風吹きすさぶ中、
人生初のお見合いに行ってきました。
ただし、お相手はにゃんこです。
お姫さまとのお見合いです。

14時、某駅に予定通り到着。
駅まで迎えに来てくださった保護主様にご挨拶し、
いよいよお姫さまとご対面です。

ケージ越しのお姫さまは予想通りのビビリんぼ。
「ウ~」と唸ってみても、「シャーッ」っと吼えてみても、
おもいっきり腰が引けています。
姫、愛らしすぎです。

そして、保護主様が姫をケージから出すと、
あっという間に押入れの奥深くに逃げ込んでしまいました。
ウチに来たら、いったいドコに隠れちゃうんだろ・・・
とりあえず、隅っこを念入りに掃除しとこ。

保護主様のお宅には、初対面の私に対しても頗るフレンドリーな兄弟にゃんこや、
ビビリんぼ具合では姫といい勝負のにゃんこなどなど、他にも里親待ちの子が。
1日も早く里親さんが決まることを願ってやみません。




回想録3 (お姫さまとの出会い)

2008年3月、引越しの後片付けも終わり、新しい生活もようやく落ち着いて、
いよいよ同居にゃんこを探しを始めました。

にゃんことの同居を考えるようになって以来ずっと、
外で生まれた子の里親になるつもりでした。

複数の里親募集サイトを見て、その中のひとつ「いつでも里親募集中」
とても気になる子を見つけました。

生後6ヶ月の大人しい大人しい甘えん坊の白黒の女の子。
ビビリちゃんだけど、馴れればゴロゴロの女の子。

猫的正座(?)をして、小首をかしげる姿がなんとも愛らしく、
是非、我が家に迎えたいと思いました。

善は急げと、すぐに保護主さまにメールしました。
メールでの数往復のやり取りののち、
お見合いをさせてもらえることになりました。

明日、お見合いに行ってきます。



回想録2 (引越し)

2008年1月、現在の住まいに引っ越しました。
引越しはこれで5度目。
勝手知ったる・・・といったところです。
ライフラインの移転手続きや引越し業者とのやりとり、
その他諸々の手続きもスムーズでした。

ただ、予想を大きく外したのが引越し当日の寒さ。
とにかく寒かった。
そういえば、真冬に引っ越したのは初めてだった・・・
引越し荷物の荷ほどきや後片付けで、
これでもかってくらい、手が荒れました(泣)。

そして、引越しとほぼ同時期にアレルギーテスト(猫)を受けました。
にゃんこと同居する前に必要だと考えていました。

アレルギー科を標榜するクリニックで検査を受けたのですが、
検査をお願いしたお医者さんには、私の行動が若干奇異に映ったようです。

以下、その時の会話。



Dr. 「アレルギーテストを受けられるんですね。検査項目は猫と犬で。」

私 「ハイ。」

Dr. 「現在どのような症状が出ていますか?」

私 「イエ、症状は特にありません。」

Dr. 「症状が出ていないのに、アレルギーテストを受けるんですか(怪訝)?」

私 「ハイ。猫を飼い始めてからアレルギーに気づいたのでは、遅いと思うので。人の都合で振り回される猫もかわいそうですし(力説)。」

Dr. 「はぁ~ん、無症状で検査ねぇ・・・(半笑)。 ま、とりあえず、 採血しますね~(半笑)。」



その半笑いはいったいなんなのよ・・・

「ま、ここは患者の言う通りにしとけ」という空気感がヒシヒシと伝わってきました。

検査結果については全く問題なし。
安心しました。



回想録1 (部屋探し)

2007年11月、にゃんこと同居するために、
部屋探しを始めました。

ネットで探せば、「ペットOK」の物件はそこそこ見つかるのですが、
実際に不動産屋さんに出向いてお話を聞くと、
「にゃんこNG」の物件の多いこと多いこと・・・

ごく稀に見つかる「にゃんこOK」の物件は、
立地や居住設備がイマイチの物件ばかり。

正直、ヘコみました。
これじゃぁ、いつまでたっても部屋が見つからない。
いつまでたっても、にゃんこと同居生活が始められない。


そうこうしているうちに、コロッと出てきたのがいま住んでいる物件です。
駅からは離れているけれど、にゃんこOKで、築年数が浅くて、
スーパーが近くて、日当たりが良くて、周辺がとても静かな物件。
使うかどうかはわからないけれど、ペット専用トイレ付き(笑)。
それでいて、家賃は意外に良心価格(コレ、大事)。

即決でした。
ラッキーでした。

年末ぎりぎりに契約を済ませ、年明け早々に引越しができるようになりました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。