スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ワクチンに行ってきました。

3連休中、ミズキのワクチン&健康診断に行ってきました。

ミズキ、引っ越し以降 初めての病院です。



キャリーinは神の手おとんによりアッサリ終了。



直後おとんは仕事に行ったため、ミズキとおかんで病院へ。

病院へは診療開始15分程前には到着したのに、すでに大盛況な状態。

さすが評判がいい病院だけあります。

結局45分程待ってミズキの順番になりました。




診療してくれたのは、おかんよりかなりお若いであろう女医さん。

とても丁寧に診察してもらいました。


首から採血して、触診して、お尻にワクチンで約15分。

ついでに爪も切ってもらいました。





120918-2


ミズキ、今年も頑張りました。



20分ほど待合室で検査の結果を待って、先生から呼ばれたので結果を聞きに行くと、

「尿の検査も追加で受けることをお勧めします。」

とのこと。


へ????



血糖値が正常値に比べてかなり高く、かつ、カリウムの値が3年連続で低下していることから、

糖尿病を疑われたのです。


「血糖値の上昇だけであれば、通院を原因とする一過性のストレスと考えられるのですが、

カリウムの値が下降傾向にあるので念のために。」



とのことでした。


おかん、ミズキがこれまでに受けた血液検査の結果を1冊のファイルにまとめ、

病院に持参していたので、それらを見た上での判断です。




採尿の方法を先生に聞いたところ…


①自宅でトイレにペットシーツを表裏逆で置いて、ナイロン側にオシッコさせてシリンジで吸い取る。

②膀胱を圧迫して採尿する。

③超音波エコーガイド下で針を膀胱に穿刺して採尿する。


とのこと。

①はまずムリ。

家でペットシーツ使ったことないし、そんなことしたら警戒してトイレに行かなくなってしまいます。


残るは②と③。

朝、おかんがトイレ掃除をしたときオシッコの塊はひとつ。

てことは、1/2の確率でミズキは朝からオシッコをしていない(=膀胱にオシッコ溜まってる)!



なので、とりあえずこの場で採尿をお願いすることにしました。


再び診察台に乗っけられたミズキ。

仰向けの状態にひっくり返され、超音波エコーで膀胱チェック。

ミズキ、目がうつろです。(ゴメン


結果は、膀胱にはオシッコがあまり溜まっていませんでした。

ハズレでした。



よって尿検査は後日。

できれば朝イチの尿が望ましく、採尿後できるだけ早く検査をした方がいいとのこと。



それって結構ムチャな…

だって病院9時からだし。

ミズキ、朝のオシッコは結構早い時間に済ませちゃうし。


イロイロ対策を考えなければなりません。


「なるべく早めに検査をした方がいいと思います。」

と、プレッシャーもかけられてしまいました



かんばるぞっっっ!



お会計を済ませて家に帰り着いたのが11時過ぎでした。

家に帰り着くなり、匍匐状態で布団に逃げこむミズキ。

例年より時間が大幅にかかったのでムリはありません。



今年は何時間くらい篭城するのかな… なんて思っていたのですが、意外や意外。

12時半過ぎには復活してゴハンを食べました。



しかし、病院に行って以降、ゴハンの食いつきが悪くなってしまいました。

途中で食べるのやめてどこかに行ってしまうのです。

普段はこんなことはありません。

姿を隠せる場所にいることが多くなったようにも思います。





120918-1


これは病院に行く前の写真。

早くこんな風になってくれるといいのですが…



スポンサーサイト

今年も「開き」できました。

「開き」というと、「アジの開き」「ホッケの開き」「サバの開き」などを連想することが多いと思います。

あと、「海開き」や「鏡開き」なんてのもあります。



しかし、我が家では「開き」と言うとコレしかありません。





120719-5


「ミズキの開き」


今年もパカッと開きました。

我が家の盛夏の風物詩。



ちなみに…




120719-1


これは2008年の開き。

頭隠してハラ隠さずな正統派バージョン。






120719-2


これは2009年。

頭を隠すのが面倒になった模様。





120719-3


これは2010年。

初心に帰りました。







120719-4


これは2011年。

おかんに暴かれてカメラに収められてしまったの図。




きっと、来年も再来年もその先もミズキは開き、おかんはせっせと写真を撮るのでしょう。


お誕生日おめでとう

上野動物園のパンダ、リーリーとシンシンに赤ちゃんが誕生したそうです。

うん、大変めでたい。


契約上、2年後には中国に返還されてしまうらしいので、

それまでに子パンダ拝みに行きたいなぁ…(ぐふふ♪)などと思っております。





さてさて。


正確な日付は定かではありませんが、ミズキも今月で5歳になりました。




お誕生日おめでとう。






120705-1

(縮むの図)



言わずと知れたおとんっ子です。





120705-2

(伸びるの図)



おとんは毎晩、右手でお箸を操りゴハンを食べつつ、左手でミズキのお尻トントンしています。

左手がおろそかになると、鉄拳(ツメ)制裁が待っています。



おかんはそんな姿を見て、意外と右脳のトレーニングとかになってんじゃないか…?

なんて思っています。






120705-3

(ゴキゲンの図)



寝る前は、おとんのヒザの上でお尻トントンをしてもらいます。

たまに、ヒザから落っこちそうになって慌てています。

でも、頑張って踏ん張っています。


こういうとき、伸びたツメはとても都合がよいようです。



それに伴い、おとんのヒザはかなりキズだらけになってしまうのですが、

まぁ、よしとしましょう。





今日のテーマは「頑張れおとん!」でございました。(あれ?)

潜る。

やっと、犬や猫の夜間展示が禁止されることになりました。


ソースはコチラ



来年6月からの実施を目指しているそうですが、来年といわずに今日からやろうよ。

で、犬猫限定じゃなくて全ての動物を対象にしようよ。



なんてね。









閑話休題。





最近、ミズキが行方不明なことが多いです。


毎朝、仕事に出掛ける前に焦って捜しています。





先日は…




111103-1


フリースをペロッとめくったらいました。






111103-2

「ニャ、ニャに……?」



急に明るくなったので、ちょっとビックリ。



このあと、「お邪魔しました~」とフリースをかぶせておきました。




日がな一日ヌクヌクとお昼寝。

あぁ、なんて羨ましい……


スパルタ教育

おとんには日課があります。



それは、ミズキのおシリをトントンすること。



何もしていないときはもちろんのこと、ゴハン中であろうがパソコン中であろうが、
ミズキが所望したら対応せねばなりません。



こんなカンジで。


[広告] VPS




手を止めたらシッポで怒られるおとん。

これぞまさにスパルタ教育。



御愁傷様です。





110928-1

「ミーちゃんのトントンをサボるなんて、百万年早いニャ。」


だそうです。




頑張れ、おとん。


ワクチンに行ってきました。

数週間前のこと。



ミズキにお知らせが届きました。





110925-4


ワクチンです。



ということで、23日にミズキのワクチンに行ってきました。




ミズキの捕獲担当は今年もおとん。



今年はわずか3秒でキャリーに放り込みました。

瞬殺です。



おとん、年々ミズキの捕獲技術が向上しています。

来年もよろしく♪




んで、おかんの運転でサクッと病院に到着し…





110925-2


ブスッとワクチンを打ってもらい…



血液検査の結果は問題ナシ。

(よしよし。)




体重は去年と変わらず4.2kg。

(あれ? ダイエットしてたハズが…?)




ウチでは決して切らせてもらえないツメを切ってもらって…





恒例の記念撮影をしてもらって…





110925-3



(う~ん 今年もビミョーなお顔…




無事、終了しました。




今年のミズキ、診察台で逃げようとモソモソと動き、「に゛ゃー」と抗議しました。

これまではガッチリと岩のように固まっていたのに、こんなことは初めてです。




家に戻ってきてからも、ものの1~2時間でご機嫌を直してゴハンを食べていました。

去年までは半日ほどカーテンにくるまってスネていたので、大躍進です。





110925-1

「来年は絶対に捕まらないようにするニャ…」



誓いを新たにした(?)ミズキ。



何はともあれ、家猫としての務め、ご苦労様でした。



お誕生日おめでとう

先月のビリーに続いて、ミズキも今月で4歳になりました。





110719-1



毎日、こんなカンジです。

ダレダレです。


おんニャの子なのに…




でもカワエエ… (← 親バカ。)





おとんが仕事から帰ってくると、必ずお尻トントンを所望します。

ミズキ曰く、「おとんにミーちゃんの接待をさせてあげているニャ。」とのこと。



トントンのタイミングが遅くなると、教育的指導(ツメ&キバ)が入ります。

なので、おとんは気が抜けません。



夜はおかんの布団で一緒に寝ます。

何故かおかんのスペースの方が狭いです。

気づくと隅に追いやられています。

ミズキ曰く、「窮屈なのはきらいニャ。」とのこと。



相変わらず我が家で一番エライです。

向かうところ敵なしです。




ここのところの猛烈な暑さのせいか、少し食欲が落ちているのですが、

首周りとお腹周りのお肉は不思議と落ちません。


ムチムチっとしています。



ハラ肉の掴み心地は極上です。




苦手科目は隠れんぼ

いつぞやも似たようなことがありました。





110620-1



実はこれで隠れているつもりです。


ハミ出てる部分の方が多い気もしますが、完全に隠れているつもりなのです。





110620-2

「これならみんな気がつかないニャ(小声)」



息を潜めて隠れているところ申し訳ないのですが、バレバレです。



まだまだ修行が足りないミズキなのでした。


いちばん偉いのは…

ある日のこと。





110104-1


ふと見ると、こんなことになっていました。

我が家の大黒柱が棒倒し状態。




これはシャッターチャンスです





寄って見ると…





110104-2


ものすごくご満悦顔。

なんて偉そうな…


いろんなトコがたるんで見えるのは気のせい?





なおもせっせと写真を撮っておりますと…





110104-3

「ジャマしちゃだめニャ。」


睨まれました



我が家でいちばん偉いのは、間違いなくミズキです。


真冬の朝の夢

工場見学に行きました。


そこで作っていたものはグ○ーンガム。


辺りにはとても大きな機械音が響いています。




へぇ…
ガムってこうやって作るんだ…




なんて思っていたのも束の間、おかん、気づくと実験台にされていました。




その実験というのが、


お腹にでっかいグ○ーンガムの塊を乗せて、全身をガーゼでぐるぐる巻きにされ、
暖かい場所に放置される



というもの。



身動きが取れず、お腹が苦しくてうんうんと唸っておりましたら…







おかん、そこで目が覚めました。


ふと見ると、お布団をかけたおかんのお腹の真上に、香箱を組んでどっかりと居座るミズキの姿が。



これがガムの正体か…




101225-1

「ミーちゃんガムじゃないニャ。 ネコさんニャ。」



おとんに「ヘンな夢を見た。」訴えましたらば、
ミズキがおかんのお腹に乗っかる直前、ビリーとミズキがドンガラガッシャンと大暴れしていたと教えてもらえました。


機械音の正体はコレか…



なんとも目覚めの悪い朝でした。


至福のとき

12月に入って、一段と寒くなったビビリーズ地方。


おかんとビビリーズは毎日ひっつきもっつきしています。



そんな姿を動画で撮ってみました。


[広告] VPS


おかんのヒザの上でゴロッゴロとご機嫌なミズキさん。




このあともマッサージ機能付きホカペ(= おかん)をひたすら堪能したミズキなのでした。

めでたしめでたし。


ワクチンに行ってきました

昨日、ミズキのワクチンに行ってきました。


いつもは朝イチからパパッと出かけるのですが、
今回はおかんの大チョンボで病院の予約時間が11時30分。


そのため、ムダにゴハンお預けを食らうビビリーズ。

すまないのぅ…





さて、これまでのワクチンの時は何かと事件を起こしてくれたミズキさん。
去年一昨年



今年はといいますと…



ジョー もなく、流血の大惨事もなく、おとんに抱きかかえられてすんなりケージIN。

なんだか拍子抜けでした。



ミズキが大人になったのか…
それとも、おとんがミズキの捕獲スキルを格段にアップさせたのか…



なにはともあれ、よかったよかった。



んで、肝心のワクチンはといいますと…



100920-2


もちろん無事に終了。

これといった副反応も見られませんでした。



ついでに血液検査も受けましたが、こちらは電解質(カリウム)の値が若干低め。

しかし、病的というほどではなく、しばらく様子を見ることになりました。





お世話になっている病院恒例の写真サービスは…




100920-3


お目目まん丸、お鼻 真っピンク、いかにもテンション低そうなミズキ。

まぁ、ムリもありません。



ウチでは全くツメを切らせてくれないので、ツメ切りもしてもらいました。





で、帰り間際のこと。

おかんがずっと気になっていたことを獣医さんに聞きました。


「ウチのミズキ、やっぱり太り気味でしょうか…?」




結果、やはりちょっと肉付きがいいとのこと。

現在の 4.2kg から 3.5~4.0kg にゆっくりじんわり落とすことを勧められました。




100920-1
(友情出演 ビリー)


んで、ロイカナ ベッツプラン フィーメイルケアと減量サポートのサンプルを頂けました。

フィーメイルケアはかねてからお試ししてみたいと思ったので、サンプルもらえてラッキー


うん、言ってみるもんだ。





11時前に出発して、戻って来たのは12時前。


帰った後のミズキ、ご機嫌 超ナナメでカーテンにこもっていました。




今年も家猫としてのお務め ご苦労様でした。


わりと本棚も好き

毎日のようにカーテンに潜っているミズキですが、こんな日もあるんです。




100819-1


本棚でごろりん。





100819-2

「ん…? なんニャ…?」


寝ぼけてます(^m^)





100819-3

「ニャに?」


あ、起きちゃいました。



毎日なるべく涼しく過ごしてほしいものです。


♪お誕生日おめでとう♪

先月のビリーに続いて、ミズキも3歳になりました。




100722-1


おとんが仕事から帰ってくると、すぐにお尻トントンを 強要 所望します。

トントンしてもらうときの顔はご満悦そのもの。




100722-2


よく食べてよく寝てよく遊んで、毎日 健やかに生活してほしいな…と思っています。


おうちの安全 守ります。

ミーちゃん、ミーちゃん、ナニしてるの?




100713-1

「シッ! 静かにしてニャ!」




ニャコム業に忙しいようです。

くびだけ。

下から見るとこんなカンジ。




100708-1







横から見るとこんなカンジ。




100708-2




首は苦しくないのだろうか…


さて、困った…

最近のおかんの悩み。

それは、ミズキの体重が量れないこと。



体重計で、『(おかん、ミズキを抱っこ)- おかん』 の要領で体重を量ろうとするのですが、

もともと抱っこがキライなミズキ。


抱き上げようとすると、敏感に察知して逃げていきます。



危機管理力、抜群です。




100701-1

「抱っこきらいニャ。体重量るのもっときらいニャ。」


そう言われても困るニャ。



ちなみに、ビリーはいつでも体重測定OKです。

数日前に量ったところ、4.3kg でした。



ミズキが自主的に体重計に乗ってくれるワケがないし、困ったものです。


見えなくもないような…

こうしていると、




100531-2


普通のネコだけど…






こうなると、




100531-3


ちょっとカワウソっぽいカンジ。





100531-1

「ミーちゃん、ネコさんニャ。」



ちなみに、ミーちゃんもカワウソさんも、同じネコ目(もく)の動物だったりするのだよ。

まぁ、すっごい遠縁ってとこかな。


たらりんたりらん

初夏を思わせるような陽気だった昨日のビビリーズ地方。



ふと、窓際を見ると…




100519-2


ミズキがのんびりお昼寝してました。





100519-1

「zzz…」


たらりーんとホント気持ちよさそうです。




しばらく、見ていると…




100519-3
100519-4
100519-6


うしろ たらりーん
まえ たらりーん
どっちも たりらーん



ミーちゃん、自由だ…




このあとミズキのお昼寝はまだまだ続いたのでした。


和のこころ?

暖かだったある朝のこと。




100326-3

「ビシッ



ミズキが和室でキッチリ正座(?)をしていました。

なんだか、お茶かお花のお稽古をしているみたい(笑)



ビリーが隣に来てもキッチリ。




100326-2

「お天気いいニャ♪」
「ビリーくん、オシリ向けちゃダメニャ・・・」


ずいぶんキッチリしているなぁと思っていたら・・・




100326-1

「zzz・・・」


春の日差しには勝てなかったようでした(^m^)

新しい甘えの形

ここのところ、ミズキはおとんにこうやって甘えます。




091119-1

「おとん、お尻トントンしてニャ


ガッツリしがみつきます。

おとん、せっせとミズキのお尻をトントンします。



そうすると・・・




091119-3

「うニャ~ン


恍惚の表情。

ツメがザックリささっても気にしニャーい気にしニャーい。



そして、あまりにも気持ちよくなってくると・・・




091119-2

「気持ちいいニャーーーー


頭突きます。

「噛み付く」のオプションが繰り出される場合もあります。



そしてさらに気持ちよくなってくると・・・




091119-4

「がおーーーー



吠えます。

あ、コレは冗談です。



なにはともあれ、ラブラブなふたりなのでした。

めでたしめでたし。


さて、問題です。

ミズキはどこに隠れているでしょうか?




091102-3


ヒント:写真上半分




091102-2

「またおかんがつまんないコト言ってるニャ・・・」


おとんとのラブラブなひと時をジャマされたミズキ、ちょっと不服そうです。



ちなみに、この保護色ジャージ、ビリーが隠れることもできまます。
その様子はコチラ



次はビリーとミズキが同時に隠れてくれなかしら・・・なんて期待しています。


ワクチンに行ってきました。

ミズキのワクチン


ついにその日がやってまいりました。


去年、それはそれは暴れてくれたミズキさん。



さて、今年はというと・・・




まず、本棚の上で篭城し・・・




090920-3

「・・・



ひっぺがそうとすると、本棚にしがみつき・・・



それでもおとんがムリクリ抱き上げると・・・



ジョーーーー




嗚呼・・・



でも、そんなことで怯んでいるワケにはいきません。


ちゃちゃっと床を掃除して、病院へGO


午前9時過ぎに到着しました。



本日のメニューは、血液検査とツメ切りとワクチン。



血液検査、異常はありませんでした。

よかったよかった


しかし、良くなかったのが体重。

4.2㎏に増量。


げっ・・・


先生、

「今はまだ大丈夫ですが、この先どんどん増えていくようなことがあれば心配です。
肥満は万病のもとですから・・・」



ハイ、ちゃんと気をつけます





そして、先生にツメを切ってもらっているときのこと。


「ボクのウチにもネコがいて、初めて飼った子なんですが、その子がツメ切り全然平気で、
ツメを切ろうとヒザに乗せると、ゴロゴロいったりするんです。
だから、家庭でツメが切れないってことがよく解らなくて・・・
ツメ切りにいらっしゃる方は結構いるんですけどね・・・」


と、先生。


ゴロゴロなんて、ウチでは絶対にありえません

シャーは、よくやられますが・・・




そして、メインイベントのワクチンはチクンと一瞬で終了




090920-1


ミズキ、今年も頑張りました。



家に帰ったあとのミズキ、昨年はしばらく寝室に篭って怒っていましたが、
今年は割りと早くご機嫌を直してくれました。




090920-2

「大変なメに遭ったニャ・・・」




なにはともあれ、無事終了しました。


めでたしめでたし。



動画にするまでもない動画

昨夜のこと。








まるでまったりしたおっちゃんです

カメラが寄っても引いても動きゃしません。




ちなみに静止画はコチラ。




090813-1

「ニャに?」


大して変わりません。



あまりに大物なミズキ。

おかんは笑いを噛み殺しながらせっせとシャッターを切りました。

お誕生日おめでとう

先月のビリーに引き続き、ミズキも2歳になりました。




090730-2


こんなにあどけなかった子が・・・




090730-1


立派になりすぎました。


ちなみに、お夕飯直後の写真です。

食後の毛づくろいをすることなく、窓際でまったり。

そして、右足の上にハラ肉がちょこっと乗っかっています。


これでは完全にオッサンです。



ミーちゃん、おんニャの子なのに・・・



身体を張って(!?)笑いを提供してくれる、そんなミズキがおかんは大好きです。



たれ猫あり〼。

つい先日のこと。




090517-1

「ぼ~~~」


弛緩しきったミズキが撮れました。
無防備にもほどがあります。




しばらくすると・・・




090517-2

「・・・!」


あ、ちょっと意識が戻ってきたようです。



でもすぐに・・・




090517-3

「・・・・・・」


また意識が飛んでいってしまいました。


おかんの視線なんのその、マイペースなタレ猫ミズキでした。


ここのところ。

ミズキのヒザ猫率が高いです。




090325-1

「すー すー すー」


ゴハンを食べ終わって、まったりなミズキ。




090325-2

「ココ、好きニャ。 あったかいニャ。」


ほぼ毎晩、おかんのヒザの上で寝んねします。




090325-3

「ねむねむニャ・・・」


こんなに近くで撮っても、気にせず寝続けます。



こんなミズキを見ながら、おかんも毎晩まったりしています。


小型のトラ、再び病院へ

昨日午前、ミズキの血液検査に行ってきました。


前回、おとんの手をえらいこっちゃにしたミズキ。

今回は、おかんがミズキを抱き上げ、おとんが洗濯ネットをかぶせることにしました。


朝イチからコソーッとキャリーの中に洗濯ネットや防寒用の毛布を仕込むと、
ミズキはやや警戒。


さて、出かける準備を整えて、ミズキをキャリーに入れるべく、
おかんが抱き上げようとすると・・・


ミズキ、ガッツリ逃げ始めました。


まずはコタツの中に逃げ込み、コタツの中がそれほど安全でないと解ると、
コタツからピューっと飛び出して、本棚の上へ。


そして 「に゛ゃー と威嚇。


警戒レベルMAXです。


仕方ないのでおかんが踏み台に上り、ミズキを本棚から下ろそうとすると、
ミズキ、ツメを立てて踏ん張ります。



ミズキをムリヤリ引っぺがして、洗濯ネットに入れると・・・


ジャーーー



今回は、お漏らしの大惨事が勃発。


ミズキを病院へ連れて行くときは、やはり何かが起こります。



それでも何とかミズキをキャリーに押し込み、
ちゃちゃっと床の掃除を済ませて、病院へGO。


9時過ぎに病院に到着しました。


検査の結果は・・・




090322-1


GPT(78)・GOT(34)ともに正常値でした。

良かった良かった。


針刺しも1回で済みました。


今後の検査は、年1回のワクチンの時のみでよくなりました。



病院から帰ったのは、10時半頃。

ミズキ、完全にお怒りモードでした。


帰宅直後から寝室のカーテンの中に潜り込み、出てきません。
前回と同じです。



朝から何も食べてないミズキとビリー。

ひとまず、ビリーだけゴハンを食べさせました。

ビリー、いつもと様子が違うので、なかなか食が進みません。


この後、おとんとおかんはそれぞれ外出の予定があったので、
食べ残したゴハンをそのまま置いて外出しました。


一足早く外出から帰ったおとんによると、おとんが帰った直後、
ミズキもビリーもリビングにいたそうです。


ゴハン皿は空になっていました。



この後、2匹にはお疲れ様でしたの意味を込めてシーバを献上。
献上係のおとんによると、2匹とも見事な食いっぷりだったそうです。

恐るべし、シーバ。


しかし、シーバを食べ終わったミズキ、さっさと寝室のカーテンに退避したそうです。

やはり、お怒りはまだまだ解けていない様子。


ミズキのご機嫌がやや直ったのは、お昼を回ってしばらくしてからでした。




090322-3

「暴力反対ニャ



ごめんなさい・・・



夕方以降は普段のミズキに戻りました。




090322-2

「お腹空いたニャ。」


お夕飯は、ガッツリガッツリ食べました。


ミズキ、受難の一日でした。


おかんの目線から。

こんなカンジです。




090318-1

「ニャに?」



おかんのヒザでまったり。
ポカポカで気持ちがいいようです。



別のアングルで撮ると・・・




090318-2

「まったりニャ・・・」


なんだかものすごく偉そうにしてました(笑)


被害者 猫, 加害者 猫

晩ゴハンあとのこと。




090311-1


ミズキが転がって何かと格闘していました。




090311-2


ん・・・?
ナニやら青いモノが・・・




090311-3


しばらくすると、水入れのそばまで咥えていって、はぐはぐていてい。
かなり激しいです。




090311-4


被害者はこの子。
青ネコさんです。
シッポ、ビビリーズが噛むのでボロボロです。




青ネコさんの写真をとっていると・・・




090311-5

「ていっっっ!」


またまた被害に。


青ネコさんにとっては、とんだ厄日になってしまいました。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。